ペット サプリ 酵素

わたし

 

テレビでペットの腸内環境のことをやっていました。

 

どうやら酵素が大事らしい。

 

サプリ選びも慎重に。病気やら長生きやら。

 

まとめるとこんな感じかな。

毎日爽快 【販売価格】初回980円(税込)送料無料、2回目以降2,498円(税込)送料別
【主成分・材料】5つの植物酵素・有胞子性乳酸菌・ビール酵母
【返品返金条件】ペットが食べなくても安心。商品到着から30日以内なら全額返金保証で解約OK。

 

⇒ 公式サイトはこちら

プロキュア 【販売価格】初回半分の量500円(税込)送料無料
【主成分・材料】植物発酵素・6種類の有用菌微生物群
【返品返金条件】なし

 

⇒ 公式サイトはこちら

【販売価格】初回500円(税込)送料無料、2回目以降2,682円(税込)送料無料
【主成分・材料】エンザミン酵素・乳酸菌・オリゴ糖
【購入条件】3回以上の継続

 

⇒ 公式サイトはこちら

栄養と現代の酵素不足

ペット左

最近の酵素不足と栄養にはどんな問題があるのでしょうか?

 

栄養とは生体が生命活動を営む際に必要な物質を体内で分解、消費、合成する現象です。

 

食品に含まれる栄養素は体内で消化され吸収され、複雑な化学反応を経て細胞へと作り替えられます。

 

おいしい食事やペットフードをたくさん摂取することができる現代のペットの食環境は、とても恵まれているといえるでしょう。

 

だからといって体に必要な栄養素が十分かというとそうではなく、酵素不足に陥っているペットは少なくありません。

 

特に現代では、ドライフードから摂取するカロリー量は足りていても、体が必要としている酵素が不足している人が大勢いるようです。

 

最近増えているのは、食材自体の栄養価の低下や、砂糖や油脂の多い食事、加工食品中心の食事、正しくないダイエットなどです。

 

酵素不足にペットが陥る原因は多々あるといえます。

 

中でも不足気味なのは、微量栄養素と呼ばれる酵素や乳酸菌などです。

 

いろいろとドッグフードやサプリメントが栄養不足を補うために、商品化されています。

 

サプリメント商品の販売戦略に乗せられ、情報に踊らされる形で特定の栄養素ばかりを過剰に摂取していることもあります。

 

サプリメントを摂っているにも関らず、一部の栄養素が不足したままという人もいるそうです。

 

大勢体調の悪い人がこの世の中にはいますが、何かしら栄養不足が要因となっていることが多いといわれています。

 

特に、酵素や乳酸菌はドライフードから摂取するのが難しいため、サプリメントで補うのがいいでしょう。

人間のサプリメントの種類

ペット右

法律上は食品のカテゴリーに入るのが、サプリメントです。

 

口に入るものは、日本の法律では薬か食品のどちらかに分けられます。

 

1991年に定められたのが保健機能食品制度です。

 

一部のサプリメントに認められるようになったのが、特定保健用食品と栄養機能食品という表示です。

 

いわゆるサプリメントという表現を、どちらにも該当しないものには、使うこともあるようです。

 

通称トクホとも呼ばれているのが、特定保健用食品です。

 

サプリメントの一種で、厚生労働省から認可を受け、特定の保険用途の表示ができるようになったものです。

 

その食品には、お腹の調子を整える食品、血圧が高めの人への食品、血糖値が気になる方向けのものがあります。

 

認可を得た内容に基づく表記とトクホのマークが表示できます。栄養機能食品ができる表示というのは、国が定めた規格基準にあてはまっている食品に対してのものです。

 

食事の中で不足しがちな栄養素を効率的に補給できるよう、ビタミンやミネラル類が一定の範囲内で配合されているのがサプリメントです。

 

大きな特定保健用食品との違いは、認可を厚生労働省から得ていないというところです。

 

栄養補給を適切にしたい時に役立つもので、認可は受けてなくても国の規格にあてはまるものには違いないでしょう。

 

これら2種類にあてはまらないのが、いわゆる栄養食品と呼ばれるサプリメントだということです。

 

今後、ペット業界でもこのような動きになるかもしれません。

ペットのサプリメントによく使用される酵素とは?

ペットの健康維持や脂肪の代謝と密接な関わりがある成分が、サプリメントによく使用されている酵素というものです。

 

体内の生体活動には、酵素が必要不可欠な存在といってもいいでしょう。

 

消費すれば失われる消耗品である酵素は、体内である程度は生成することができます。

 

酵素の生成力は年齢と共に低くなるもので、限りがあるといえるのが体内で生成される酵素の量です。

 

ペットフードやおやつ、汚れた空気や水など、酵素を消費する局面は、ペットにとってたくさんあります。

 

酵素の量は体内にある分は、環境の変化に追いついていないというのも事実です。

 

増えているのは、不足しがちな酵素をサプリメントで摂取するというペットたちです。

 

酵素は食事を消化するための消化酵素と、体内の機能を整える代謝酵素があります。

 

代謝酵素が消化酵素に、消化酵素が足りない場合は変化します。

 

ペットに必要な機能である老廃物の排出や治癒力の向上などが後回しに、代謝酵素が十分になければなりやすいかもしれません。

 

体内で作られた酵素は消化酵素に、サプリメントで得た酵素は代謝酵素に回すことができるように、サプリメントで十分に酵素を補給することでなるといえるでしょう。

 

サプリメントで酵素を摂取することによって期待できる効果は、ペットを肌荒れや病気から守り、脂肪がつきにくい体を維持するというものです。